乳腺炎改善の効果のあるたんぽぽ茶

妊娠中や産後はカフェインが含まれていない飲み物を飲むことがススメられています。たんぽぽ茶はホルモンのバランスを整えてくれたり、血液をサラサラにしてくれるので、妊娠中から産後まで飲むことができます。母乳の出が悪い方にも効果的な飲み物です
MENU

乳腺炎改善の効果のあるたんぽぽ茶

授乳中の母親の2,3割がなっている乳腺炎は、母乳が通る管が炎症を起こして詰まってしまうとても辛い症状です。胸にしこりができて痛みが伴い、ひどい場合は高熱を出すことさえあります。

 

原因としては、脂肪分が多く高カロリーな食事を摂っていて体内のコレステロールが多い、きついブラジャーや姿勢の悪さなどによる胸部圧迫、母乳の飲み残しがあるなどです。

 

そんな乳腺炎を改善する飲み物がたんぽぽ茶です。この飲み物は、たんぽぽの根や茎、葉などから抽出されたエキスでできたもので、女性の健康を守るために用いられてきた薬効のある飲料です。

 

効能として、血液中に存在する中性脂肪を減少させる働きがあり、血液の流れを正常にする役割があります。それが乳腺を母乳がスムーズに流れる効果につながるのです。また、母乳を増加させる効果もあるので、授乳中の女性は積極的に飲むべき飲み物と言えるのです。

 

産後の体は、ホルモンバランスが崩れていたり、睡眠不足や慣れない育児でのストレスで、乳腺炎のみならず、体の様々な不調が出てきやすい時期です。たんぽぽ茶には疲労回復やリラックス効果、むくみ改善、冷え性緩和など、特に女性にとってうれしい効能がたくさん詰まっています。

 

子どもが生まれると自分のケアは後回しで、自分の体を労わる時間もなかなか取れません。そんな中たんぽぽ茶を飲むことで、体の不調を改善し、精神面での落ち着きが得られるのは母親にとっても、赤ちゃんにとってもとても良いことです。

このページの先頭へ