授乳期に安心して飲める飲み物に最適なたんぽぽ茶の効能

妊娠中や産後はカフェインが含まれていない飲み物を飲むことがススメられています。たんぽぽ茶はホルモンのバランスを整えてくれたり、血液をサラサラにしてくれるので、妊娠中から産後まで飲むことができます。母乳の出が悪い方にも効果的な飲み物です
MENU

授乳期に安心して飲める飲み物に最適なたんぽぽ茶の効能

 

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根を焙煎したお茶です。たんぽぽコーヒーとも呼ばれており、鉄分やミネラルが豊富で様々な効果・効能があります。
コーヒーのような風味がありますが、カフェインは含まれていないため妊娠中や授乳中、小さいお子様などでも安心して飲むことができます。
具体的なたんぽぽ茶の効能としては、利尿作用によるむくみの改善、毛細血管の血流を促進させることでの冷え性の改善、疲れやストレスを緩和したり、卵巣・精巣の機能を向上させる効果や血中コレステロール値を下げて血液をサラサラにする効果などがあるとされています。
特に授乳期にはオススメの飲み物と言えます。
母乳は血液でできているため、血流が良くなり血液を浄化する効能があるこのお茶を積極的に飲むことで、母乳の出を良くしてくれます。
また、授乳中は水分がたくさん奪われるため、鉄分やカリウムなどの栄養が取れると同時に水分補給ができるためオススメと言えます。
他にも、血中のコレステロールや脂肪を減少させる作用があることから、乳腺炎を予防することにもつながります。
カフェインの入った飲み物は赤ちゃんに悪影響があることがわかっています。お母さんが飲んだ飲み物はお腹の中にいるときも、母乳を飲んでいる時もお母さんを通して栄養がいくためとても注意が必要です。
コーヒーが好きだけど飲めないというときには、コーヒーに近い味がするため飲みたくても飲めない、というストレス解消にもなります

このページの先頭へ